色とこころのお話 > 赤の色見本 > 赤の色見本

赤の色見本

赤のお話

赤の色見本

【チャイニーズレッド】
C:0 M:78 Y:76 K:0
R:253 G:90 B:42
#FD5A2A

中国の朱塗りの建物のように鮮やかな赤です。
中国ではやはりこの色は非常に好まれてます。
和名で言う緋色に近い色です。


【朱色・バーミリオン】
C:0 M:84 Y:60 K:0
R:239 G:69 B:74
#EF454A

朱色は赤の中で最も鮮やかな色調です。
わずかに黄みがかっています。
バーミリオンとは古くから存在する顔料の名前で
絵の具の色名としてよく知られています。


【スカーレット】
C:0 M:89 Y:73 K:0
R:222 G:56 B:56
#DE3838

語源はペルシャ語で「緋色の布」を表すSaqalatで
英語の色名としては伝統があるものです。


【金赤】
C:0 M:81 Y:76 K:0
R:234 G:78 B:49
#EA4E31

英名は「ブロンズレッド」と言います。
江戸切子で赤の色をよりよく発色させるために
金色を使ったことから金赤という名前がつきました。


【レッド・トマトレッド】
C:0 M:89 Y:62 K:0
R:223 G:52 B:71
#DF3447

赤は基本色名の一つで、光の三原色もこの赤です。


【カーマイン】
C:15 M:99 Y:75 K:0
R:190 G:0 B:57
#BE0039

カーマインの由来は
この顔料が昆虫(コチニール)を原料としていたことから。
現在では合成顔料で作られています。
和名は「洋紅」と言います。


【赤】
C:15 M:100 Y:81 K:0
R:190 G:0 B:50
#BE0032

鮮やかな赤色を指します。
和名で言う朱色、緋、紅などの総称として使われています。
血のような赤や、靴、犬、毛など
赤みを帯びた茶色にも使われる名前です。


【紅色】
C:15 M:99 Y:70 K:0
R:190 G:0 B:63
#BE003F

紅花の花弁の色素から作られた色名です。
紅花をもんで染め上げたことから「もみいろ」という名前があり
この色で染められた絹布は「もみ」と呼ばれます。

▲ページの上に戻る

≪ 戻る | 赤の色見本
「色とこころのお話」TOPへ戻る

スポンサードリンク

RSSリーダに登録する
RSS 2.0 / ATOM